FC2ブログ

09/28

9月26(土)・27日(日)と、今年度最重点項目のひとつである青少年健全育成事業「ボーイスカウト・ミニキャンプ」に参加して来ました。ほとんどの会員が始めての体験であり、新鮮な感覚と野外活動における実用的知識の重要性を再認識しました。また、9月は、防災月間でもありますので、災害時の炊飯体験をしました。

日頃、意識のどこかにはあるのですが、いざ実行となるとなかなか手につかないのが災害時への対応です。簡単ですので、このブログを見られた方にも覚えていただければ、万が一の時に役立つと思いますので、以下にその手順を掲載します。

1、 米を一合ビニール袋に入れて配給されます。
DVC00157-1.jpg

2、 水を一合袋に入れてもらい もみ洗いを軽くやり、とぎ汁を捨てる。
DVC00155-1.jpg

3、 水を一合袋に入れてもらい、袋の口を固く結ぶ。
DVC00152-1.jpg

4、 鍋にお湯を沸かして、その中に先ほどの米の入った袋を入れて30分煮ると出来上がり。(災害時は、お湯が、泥水でも構わない)
DVC00151-1.jpg

5、 お皿の上にラップを大きめに敷き、ご飯を全部空ける。食べ残したご飯は、ラップごと丸めておにぎりにして保存する。お皿も汚れずに、水を節水出来る。
DVC00161-1.jpg

DVC00162-1.jpg

ボーイスカウトは、地面での直火をしないのがセオリーだそうで、それは地中の微生物を保護する事が狙いだそうです。(竹の台がそうです)
DVC00170-1.jpg

煮炊きに使用した場所は、来た時よりも綺麗にするのも、ルールです。
DVC00190-1.jpg

ちなみにこのテントは、富里ライオンズクラブ五周年に寄贈したテントだそうです。
DVC00132-1.jpg

私達ライオンズクラブの会員は、このような青いテントに寝ました。通称、ライオンビレッジ。。。(K)
DVC00175-1.jpg

スポンサーサイト



0 Comments

Leave a Comment


Trackback

http://tlions.blog50.fc2.com/tb.php/50-f66c8dd2

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード