FC2ブログ

2017年03月の記事一覧

--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第二回献血実施

カテゴリ:献血

03/27

3月16日(木)、今期第二回目となる献血(3月第二例振)をベイシア富里店駐車場にて実施しました。

kenketsu_2017_2-1.jpg kenketsu_2017_2-2.jpg


会場:ベイシア富里店 駐車場
午前 10:00~11:45
午後 13:00~16:00

今回は天気もよく、朝から穏やかな快晴でしたが、買いもののお客さんがいつもより少なく感じました。日本赤十字社の担当者の方も予定に届かないかも。。。と心配され、自らノボリを持って駐車場で声をかけておられました。

そんな関係者の懸命の呼びかけで、11:00頃には、昨年同様の数字になりそうとのことでしたので、皆さん安心しておられました。
現在千葉県では、O型の400ml赤血球製剤の使用量が非常に増加してしております。 今後もお近くにO型の血液型の方がいらっしゃいましたら、ご協力をお願い致します。(s)

今回の実績
受付数 46名 200ml献血 1名 400ml献血39名 合計40名 15600ml

少々CN25周年の疲れと達成の余韻の残る中での献血でしたが、みな元気に参加していただき、目標であった献血量も達成することが出来ました。ご協力いただきました皆様に感謝申し上げます。ありがとうございました!(mz)

kenketsu_2017_2-4.jpg
スポンサーサイト

03/26

緊張感のあった式典の後は、楽しい祝宴の部です。

記念祝宴・開宴の言葉李L-1
李桃媚Lより開宴の言葉。

秋本議員乾杯-1
当クラブ所属の衆議院議員、秋本真利Lより、祝辞と乾杯のご発声。

祝宴会では、当クラブの女性会員4名が各ブラザークラブのテーブルをお酒をお注ぎしながら回らさせていただきましたが、やはり女性の強みで、我々(男)がご挨拶にいくより各テーブル共、笑顔が格段にこぼれておりました。。。^^;
 
老若男女全ての会員が「平等」と言うのが、ライオンズクラブの鉄則ですが、そこはやはり社会常識の範疇でのお話です。当クラブは若い会員が多く、進行の速さや式典等の出入り口でのご挨拶・接待の態度など、リハーサル時より心配りを旨として参りました。飽くまで私見ですが、参列された他クラブの方たちには、とてもよい印象を持っていただいたのではないか、と自負しております。

篠原正樹とハイノーツジャズオーケストラ-1
アトラクションは、篠原正樹とハイ・ノーツ・ジャズオーケストラ(富里高校マッド・ハッターズOB・OGのコンポジション)によるJAZZスタンダードメドレー。

また会う日まで-1 また会う・副地区ガバナー・ZC・会長-1
フィナーレは、「また会う日まで」の大合唱。。。
私事、ココまで来るといつもなら、ただただホッとしているだけなのですが、やはり今回は万感胸に迫り、目頭が熱くなりました。

世間には半世紀以上も続くライオンズクラブも数多ありますが、我がクラブ25年の道のりも短く平坦なものではありませんでした。まったくもっていい大人が、まるで学生のように口角泡を飛ばして真剣な議論を交えたり、酒宴ではその相手と酔い痴れては、カラオケで大声で歌ったり、人格を尊重しつつも、対立と融和・軋轢と調和等々、離合集散を繰り返しつつ、理解と協調を求め、人間として幅広い交流を続けた25年であったと思います。そして全くの異業種同士であった会員が、「奉仕」と言う利他の旗の下に、会社の同僚や家族同様の理想と感情の絆を獲得した貴重な月日であったと思います。

ライオンズクラブ国際協会は、今年100周年を迎えました。
富里クラブは、現在23名の小じんまりとしたクラブではありますが、会員間の絆を大切にしつつ、時代の変化を的確に読み取りながら、求められる奉仕のカタチを、今後も追求して参りたいと存じます。(mz)

ライオンズ旗-1

03/16

会場・スタート前-1

平成29(2017)年3月12日(日)14時、第24代会長、名取靖子Lの開会宣言に続き、今期(第26代)会長、水橋等Lによって開式のゴングが高らかに打ち鳴らされ、CN(チャーターナイト)25周年記念式典がスタートしました。

国旗に敬礼・国歌斉唱の後、物故ライオンに黙祷を捧げました。チャーターメンバーであり初代・二代の会長であった三橋信夫L、我々のよきアニキ分であり、第19代会長であった牧野武夫L、お二人の生前の姿が、私たちの脳裏に去来しました。この日を共に迎える事はできませんでしたが、多くのご来賓の方々に祝福されてのCN25周年に、きっと満足されておられることと存じます。。。

ライオンズ・ヒム斉唱に続いて、佐々木幹浩Lによる地区役員及び来賓紹介とブラザークラブ紹介の声が会場いっぱいに響き渡り、ライオンズクラブのセレモニーらしい雰囲気が高まる中、大木直L代読による25周年記念式典委員長・村井義彦Lの歓迎の言葉が読み上げられました。その後各方面のご来賓による祝辞を頂きました。

大木L式典委員長歓迎の言葉・代読-1

地区ガバナーあいさつ・副地区ガバナー出席-1 成田L会長村岡様祝辞-1
高橋克文第一副地区ガバナー及びスポンサークラブである成田ライオンズクラブ・村岡竜司会長…

富里市長あいさつ-1
相川堅治富里市長より、ご祝辞を頂戴いたしました。

この後、CN25記念品の目録を贈呈、そして100周年レガシープログラム事業の発表を行いました。

目録贈呈社会福祉協議会-1 目録贈呈キャロットクラブ-1
富里市福祉協議会へ記念事業品目録を贈呈、キャロットクラブへは、レガシープログラム事業として目録贈呈。

記念式典の締めくくりは、金箱ZCによる大音響のライオンズ・ロア!
金箱ZCライオンズロアー・う-1 金箱ZCライオンズロアー・ぉおおー-1

当日のために、念入りにリハーサルを繰り返し、式典の緊張感とスムーズな流れを考慮しつつ進行したのですが、少々スムーズに行きすぎて、予定より30分も早く式典が終了してしまいました(笑)。。。しかしそこはホテル側も含め、手慣れたメンバーによる臨機応変な対応で、祝宴への繋ぎもうまくいき、事なきを得ました。。。(mz)

03/15

平成29(2017)年3月12日(日)、私たち富里ライオンズクラブは、ヒルトン成田において、クラブ創設25周年の記念式典を、333-Cキャビネット・ブラザークラブ・関係機関各位のご参集いただく中で、開催することができました。
クラブを代表し、心より感謝申し上げますと共に、これからもご指導・ご鞭撻いただきますよう、お願い申し上げます。

富里ライオンズクラブ2016~2017年度会長 L.水橋 等

最後集合・平出Lウォー-3

03/09

3月2日(木)、3月第一理事会・例会を開催しました。

今回の理事会では、来る3月12日(日)のCN25周年のリハをプロジェクターを使って本番さながらに行いました。当日、記念式典司会をお願いした当クラブ元LのE氏、ホテル側のT氏も参加され、当日の進行チェックと詳細の打ち合わせをいたしました。(mz)

2017_03-1-1.jpg

前回アンケートを行いました親睦旅行について、当初運営委員会としては、年次大会と親睦旅行・ゴルフのパックツアーを考えておりましたが、スケジュールがタイトであるとのことで、年次大会とは切り離して計画することになりました。

2017_03-1-2.jpg 2017_03-1-3.jpg

今回は、久しぶりに伊藤Lが例会に参加されました。これからもお体ご自愛いただき、私たちにへのご指導・ご鞭撻を宜しくお願い致します。(s)
トップへ | 

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。