FC2ブログ

2010年02月の記事一覧

--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

02/20

たび重なる降雪やら寒気団の到来やら、立春を過ぎてからの冬将軍の雄たけびと高笑いが止まりません。そんな極寒の中、ライオンズクエスト薬物乱用防止キャラバンや献血・理事会・例会と連日の事業・運営の日々ですが、来月のチャリティディナーショーに向け、更に加速して参りたいと存じます。まずは各位お体ご自愛を~~~!(K)

2月第二例会幹事報告(金箱幹事)

・薬物乱用防止教室の件
・3月からWMMRとサヴァンナの報告書のシステム統合が成される件
・後期会費納入期限周知徹底の件
・第3回ガバナー諮問委員会並びに第二回MERL委員会開催(2/27於:成田ビューホテル)の件
・チャリティディナーショーの件
・その他

キャビネット報告(村木会員増強維持委員長)

スポンサーサイト

02/18

今期2回目となる献血を、富里市日吉台のスーパ-ヤオコーさんで実施しました。
当日(2月17日)は、深夜・早朝に雪の舞ったとても寒い日でしたが、49名の提供者と13,800mlの採血を得ました。ありがとうございました。献血にご協力いただいた方々には富里クラブよりボックス・ティッシュ5箱をお持ち帰りいただきました。底冷えの中、終日屋外で呼び込みを続けたメンバーと日本赤十字血液センターを始め富里市関係各位のご協力にも深く感謝申し上げます。(K)

 第2回献血     献血     献血-2
 提供者呼込み中         Nライオンも献血に協力   ポケットティッシュ配布中

追記
気温6度。日陰でもあり体感温度はそれ以下。Sライオンにさりげなく差し出されたコーヒーに、とてもハート・ウォーミングな気分になったのですが、できれば次回からはホットにしていただけると幸いデス。。。(どうやら間違って自販機のボタンを押してしまい、アイスコーヒーを購入してしまったようです。)(--;)。。。しかしその後、使い捨てカイロをメンバーに配っていただきました。コレは本当に助かりました。。。ありがとうございました。m(_ _)m(T)

02/17

2月10日(水)より小学生高学年を対象にした薬物乱用防止キャンペーンで、富里市内小学校3校を訪問しています。初日10日は洗心小学校、2日目は16日(火)の七栄小学校でした。

講師は厚生労働省などで薬物関係の取締官などを歴任した方々が当たり、その眼光鋭く語られる講話には、普段は元気闊達で賑やかな子供たちもただ黙って聞き入っていました。啓蒙ビデオを観た後、キャラバンバス内で実際に薬物依存症となってしまった人の写真や薬物使用経験を検証する装置、実際の薬物見本などを見学しました。

薬物の恐ろしさは、その使用や依存性もさることながら、その後のフラッシュバック等の心身に残される後遺症がより深刻であり、「一度だけ」と言う安易な気持ちが、その後の人生を台無しにする結果となります。またその人のみならず、場合によっては周囲の人々をも巻き込んで不幸を増大させてしまう事にもなります。

小学生には少しショッキングな体験だったかも知れませんが、薬物の恐怖と隣り合わせに生きている現実を強く深く理解してほしいとの思いで企画させていただきました。今も刻々と薬物は私達の身近に迫りつつあります。七栄小学校で講師をされた秋葉指導員((財)麻薬・覚せい剤乱用防止センター)が、最後につぶやくように言った言葉が忘れられません。

「子供たちには、中学2年生の夏休みまでに、このキャラバンに参加してほしい。情報の氾濫する現代において、『絶対悪』と言うものを無垢な心と頭に刷り込んでもらいたいたいのです・・・。」

3月1日(月)には、富里南小学校にキャラバンバスが参ります。(K)

ダメ・ゼッタイ ダメ・ゼッタイ ダメ・ゼッタイ 

02/05

昨年、富里クラブと富里市教育委員会・市立図書館の共同で行ったブックトリップキャンペーンで、今年も多くのブックトラベラーが誕生しました。その子供たちから当クラブの牧野会長へマグカップのお礼の手紙が届きました。会員一同、例会場で一読致しましたが、どの手紙も生き生きとしていて読書の楽しさとマグカップをもらった喜びの言葉に溢れていました。

少しずつ小学生の読書人口は増える傾向にあるようですが、これからも更に多くの子供たちに読書の喜びを知ってもらうために尽力して参りたいと思います。(K)

book_trip1 ← 手紙を綴った表紙

letter_1 letter_2 letter_3 letter_4 ←その礼状の一部


02/05

立春間近に雪が降り、とても寒いスタートとなった2月ですが、今月もライオンズクエストを始め行事が目白押しです。また、来月20日にはチャリティディナーショーが待っています。熱いハートで寒さを跳ね返し頑張って参りますので、宜しくお願い致します!

さて、今回は、成田クラブから野村L(富里クラブ・ガイディングライオン)・金井L、千葉県成田警察署から是澤署長様他1名様をお迎えしてのゲスト・講師例会でした。是澤署長からは、最近の富里周辺の犯罪事情についてをプレゼンしていただくと共に、犯罪に巻き込まれないためのノウハウについてご教授いただきました。また野村Lからは、「警察友の会」についてのご説明をいただきました。犯罪の横行する当節、大変貴重なお話をいただいたと存じます。ありがとうございました。(K)


2月第一理事会・例会幹事報告

・ライオンズクエストの件(薬物乱用防止教室)
・ヤオコー日吉台店前献血ポスター配布の件
・ライオンズクラブ地区ニュース原稿投稿の件
・後期会費納入の件(2月末日まで)
・チャリティディナーショーの件
・その他

委員会報告
事業委員会(三橋(真)L)

・チャリティディナーショー促進の件

キャビネット報告
会員増強維持委員長(村木L)

02/04

ブランデルLCIF理事長より、ハイチにおける最新情報とライオンズクラブ国際協会の取り組みについての報告が届きましたので、お伝えいたします。

ライオンの皆様へ

モーリーンと私は、救援物資を配布するライオンズ及びレオ・チームの指揮を行なっていたハイチから、只今戻って参りました。絶望した人々を見るにつれ涙が出ましたが、ライオンズは、これらの人々の現在、そして今後のニーズに応えるよう献身的な取り組みを行なっています。

先ずはじめに、皆さまからの多大なるご支援に感謝を申し上げたいと思います。ライオンズでハイチに希望をもたらそう、という取り組みにより、これまでに180万ドルが集まりました。皆さんがこのメッセージを受け取られる頃には、更にその額が増えていることでしょう。

ハイチでの滞在中、私たちは当面のニーズ及び長期復興活動について話し合う為に、地元のライオンズと会いました。彼らは委員会を結成しており、長期にわたる救済活動について話し合っています。

本財団は、スウェーデンのライオンズと共に、家屋を失った被災者及び救援スタッフの仮設住居となる大型テントを200個提供する活動を行なっています。またハイチのライオンズは、当面の救援活動の中心であるポルトープランス地域に3つのテント村を立ち上げました。この週末には、ライオンズが追加の救援物資をドミニカ共和国から搬送しました。

ライオンズの公式ウェブサイトには、ハイチの写真、ビデオ、その他のニュースを掲載したページが設けられました。新たな情報を受け取り次第、同サイトに継続して掲載して参ります。

この災害に対し、まだ寄付をされていない方がおられましたら、LCIFへの寄付をご検討くださいますようお願い申し上げます。ハイチのライオンズは、皆さんのご支援に感謝するだけでなく、奉仕の実行を切望しています。
ゾーン・チェアパーソンのウィリアム・イライアスンの当初の絶望感は、世界中のライオンズから寄せられる溢れんばかりの支援を知った時に、ハイチの人々の希望と感謝に変わりました。

彼は次のように語りました。「私たちは、ライオンズクラブがいかに素晴らしい組織であるかということ、私たちがここにいること、そして私たちのモットーが『われわれは奉仕する』であるということを、ライオンズそしてハイチの一般の人々に知って欲しいのです。私たちは仲間の為、そして助けを必要としている人々の為に奉仕をするのです。だからこそ、私たちはここにいるのです。そして、私は皆さんに次のことを伝えたいのです。私たちを信頼して下さい。皆さんからの寄付を無駄にすることなく、私たちはこれらの被災者たちに出来る限りの支援を提供します」

寄付金は全額ハイチ救援活動に充てられますので、安心してLCIFに寄付をしてください。LCIFを通じ、世界中のライオンズは、最も助けを必要としている人々に支援を提供しています。

共に「われわれは奉仕する」を実行しましょう。


ライオンズクラブ国際財団
アル・ブランデル

LCIF

02/01

2010年1月24日(日)、富里市旭共同利用施設においてボーイスカウト富里第一団合同もちつき大会が開催され、私達富里クラブも参加し、協賛金をお贈りしました。懐かしい竹馬も作ったりして、とても有意義な時間を過ごす事ができました。(K)

ボーイスカウトもちつき大会
↑整列して手順の説明

竹馬作り
↑竹馬作り
トップへ | 

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。