FC2ブログ

2008年04月の記事一覧

--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

04/27

第54回333-C地区年次大会が、2008年4月27日(日)、ホテルニューオータニ幕張にて挙行されました。富里ライオンズクラブが、リジョン最優秀賞を受賞致しました。
最優秀リジョン賞-1

スポンサーサイト

04/15

富里市国際交流協会と富里高校ジャズバンド部有志が参加したモントレージャズフェスティバルについて、当地の新聞にわがThe Mad Hattersが一面で紹介されました。

以下はその記事内容の和訳(?)です。

マッド・ハッターズ:日本で最高の高校生アンサンブルがモントレーを訪問。

ジャズは言葉の壁を飛び越える。

ジャズ・ミュージシャンには、本来、そして、定義上、芸術家(規律と均一性を重んじる文化とあまり合致しない特徴)が持ち得るのとだいたい同じくらい自由を求める傾向があります。しかし、モントレー半島へのおよそ30人の訪問客の一行 -富里高校からのオールスターミュージシャン - の各曲の終わりごとにゆったりとした創造力と彼らの観衆に対するとても丁寧で正式な会釈を織り交ぜた行為は、まったく苦になる事はありません。

ザ・マッド・ハッターズ・ジャズ・アンサンブル(彼らはジャズ・バンドとして日本の高校ジャズ・バンド・コンペティションで優勝している)は、金曜日にペブル・ビーチのスティーヴンソン校の学生に設定された4曲を演奏し、土曜日には観衆をフィッシャーマンズ埠頭とモントレー・カンファレンス・センターにもてなしました。

このミュージシャン達(彼らは今日飛行機で帰る予定)は、モントレージャズ・フェスティバルのジャズ教育プログラムに関連して、ここに来ました。「私は我々のジャズバンド(木曜日)とともに参加していたのですが、ちょうど我々と演奏をしている数人の学生がいました。私は、我々のリハーサルへの取り組みより、彼らが非常に真摯である事を知りました。そして、それは素晴らしい事でした。」と、エディー・メンデンホール(スティーヴンソン国際研究音楽ディレクター)は語っていました。「彼らは彼らの先生方をとても尊敬しています。あなたは本当に、彼らの態度について評価しなければなりません。」そしてもう一つの彼我の違いは、バンド内でスポットライトを当てられるのを、日本のミュージシャン達は一般的に渋る事だと、彼は言います。

「彼らは、自己表現において、実にシャイです。」とメンデンホール。彼は短期間、日本に住んでいた事があります。
「もし、あなたが彼らにまた演奏するように頼んだら、彼らは遠慮してしまうかも知れないですね。」(terra)

MAD_HATTERS in Monterey-1のコピー

地元新聞 モントレー・ヘラルド紙
トップへ | 

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。